お中元の熨斗の扱いについて注意しよう

お中元を贈る際に品物を包んでいる紙がのし紙と呼ばれるものです。

熨斗とはどのようなものなのかと言うと、包んでいる紙の右上にある飾りのことを指しています。

熨斗と水引が印刷された品物を包む包装紙のことを、のし紙と呼んでいます。


熨斗の由来は本来アワビだとされている為、海産物などの生鮮食品を贈る場合には、つける必要がありません。


生鮮食品以外の品物を贈る場合には、熨斗をつけると覚えておきましょう。

お中元に関するサポートサイトはここです。

熨斗の包装については品物の箱に直接のし紙を巻き包装紙で包む内のしと、包装紙で品物を包み上から巻く外のしに分けられています。
基本的に宅配便で送る場合には内のしを、手渡しをする際には外のしと使い分けることが一般的です。

本来お中元の品物は相手の家まで持参するのがひとつのマナーだったため外のしが一般的でしたが、現在は郵送が一般的な扱いとなっているので、内のしを使うケースが多いでしょう。

またのし紙には表書きや名前を書かなければなりません。



表書きや名前は毛筆や筆ペンを使うのが正式なマナーですが、近年ではマジックペンを使う人も多く見られます。



たとえマジックペンで書いたとしても、マナー違反にはならないでしょう。


表書きにはお中元と書き、のし紙の下の段の中央、水引の結び目の下に贈り主の名前をフルネームで書きます。
水引には様々な種類のものがあり、場面により使い分ける必要がありますが、お中元は何度繰り返しても良いので紅白の蝶結びのものを使います。

日頃の感謝の気持ちを表す贈り物であるため、受け取り手が喪中でも問題なく贈ることが可能です。