小規模なリフォームでも欠かせない挨拶回り

小規模なリフォームでも欠かせない挨拶回り

引っ越しの挨拶は多くの人が忘れずに行いますが、意外と忘れてしまいがちなのがリフォーム時のご近所への挨拶です。外壁塗装や屋根工事となると、たとえ家人が忘れていても業者がアドバイスしてくれることが多いですが、小規模な工事となるとそうとは言い切れません。

トイレの入れ替えだけ、畳の張り替えだけ、といった部分的な工事では、大きな音はしないはずだから挨拶は不要だなどと思っている人も少なくありません。

しかし、どんなに小規模なリフォームであっても、まったく音が出ないなどということはほとんどありません。

たとえ大きな音は出なくても、業者が出入りするため車両が道路を占拠するなど、少なからず近隣には迷惑が掛かります。

家のメンテナンスはどの住まいでも必要であり、お互い様の部分はありますが、だからといって挨拶もしないというのは近隣トラブルのもとになってしまいます。

リクナビNEXT JOURNALのことならこちらのサイトをご覧ください。

工事が始まる前に、必ず挨拶回りをしておきましょう。
例えば屋根や外壁工事の場合、音や塗料の飛散はもちろんのこと、臭いも発生します。



足場を組む時の騒音は想像以上に大きいため、挨拶もなしにいきなり始めると、どんなに温厚な人でも良い気はしないでしょう。
一戸建ての場合、向こう三軒両隣などと言いますが、家の裏にも住宅が並んでいる場合、もちろん裏側の家にも配慮が必要になります。

船橋市のリフォームの特別な情報を載せています。

挨拶まわりからも外してはいけません。

リフォーム後の生活を快適で豊かなものにするためにも、工事が始まる前に必ず手土産を持って施主本人が挨拶に伺うようにしましょう。


  • 納得の事実

    • リフォーム工事を行うにあたって、適している季節が御座います。例えば、外壁の補修や外回りのタイル工事などは6月の梅雨の時期に工事を行ってしまうと下地のモルタルが十分に乾燥しなかったり、雨養生などの無駄な経費が発生してしまいます。...

      detail
  • 不動産コラム

    • 中古住宅を購入する人のほとんどが、リフォームを行います。壁紙や畳を張り替えるだけの簡単なものから、屋根や外壁の塗装といった中規模の工事までさまざまですが、住宅の状態に応じて何らかの手を加えるのが一般的です。...

      detail
  • みんなの常識

    • リフォームには、専用のローンがあります。リフォームローンは、住宅ローンよりも金利が高いので、住宅ローンのほうがメリットがあるという意見は多いです。...

      detail
  • 驚く情報

    • 若い頃はまったく気にしなかった玄関や室内の段差が、年齢を重ねるごとに高く感じるようになることがあります。足腰が不自由になると、段差でつまずきやすくなりますし、車いす生活を送るようになると、段差をのぼるのが大変になるので、暮らしやすくするためには改築しなければならないでしょう。...

      detail