小規模なリフォームでも欠かせない挨拶回り

  • リフォームは専用のローンがある

    • リフォームには、専用のローンがあります。
      リフォームローンは、住宅ローンよりも金利が高いので、住宅ローンのほうがメリットがあるという意見は多いです。


      しかし、現在は低金利時代ですので、リフォームローンの金利もかなり低くなっており、1.0%〜3.0%くらいで借りられることもあります。金利の差はそれほどなくなってきているとはいえ、住宅ローンで借りたほうが金利がわずかでも低くなるのあれば、そちらを選びたいでしょう。

      エキサイトニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

      中古マンションを購入して、すぐにリフォームをするのであれば、住宅ローンで一緒に借りてしまうのが手間もかからず、おすすめです。

      しかし、中古マンションの購入から時間が経過している場合には、住宅ローンから追加で融資を受けるための再審査を受けなければなりません。


      さらに、抵当権の設定などの手間もかかります。そのような場合には、無担保・保証人なしで借りられるリフォームローンで借りたほうがメリットがあるケースも多いでしょう。
      金利が1.0%程度高くなったとしても、借りる金額が100万円程度なら、それほど大きな差はつきません。
      住宅ローンを契約している人なら、同じ銀行で優遇金利が適用されたカードローンを組めることもあります。

      リフォーム情報の公開中です。

      限度額500万円、金利3.0%のカードローンを持っているなら、そこからお金を借りるという手もあります。



      さまざまな方法を比較して、総合的にメリットがある選択肢を選ぶのがよいでしょう。