気づいたときに過払い金の請求を行う

  • 気づいたときに過払い金の請求を行う

    • 過払いに気づいたときには、すぐに返還請求を行わなくてはいけません。

      アコムの過払い情報もきっとあるはずです。

      過払いの請求に関しては請求するのが遅くて困ることはありません。
      完済した後であってもきちんと主張することが出来るので気づいたときにはすぐに専門の法律家に相談することが大事になるのです。一般的に、個人の消費者がお金を借りることが出来る業者はそう多くはありません。



      大手の銀行グループは少額融資のサービスを積極的に提供しているわけではないので、少額融資を借りるときには必然的に貸金業者に依頼することになります。問題なのは、銀行と貸金業者ではサービスに対して適用される法律が全く異なるということです。
      少額融資のサービスにはそれ専用の法律が適用され、その範囲でお金を借りることになるため銀行でお金を借りるときには問題にならなかったことも問題になるようになってしまうことがあります。



      過払いに関しては、こうした法律的な問題点が表面化したものであると言えます。具体的には、過払いは貸金業者が設定する金利の法律に関する問題だと言えます。
      貸金業者が設定する金利は業者の利益として計算されることになりますが、この金利に関する法律に関しては一つではなく二つ存在していたことが問題でした。

      その影響で、本来ならば支払わなくても良いお金まで返済しなくてはいけなくなってしまったので、過払いなどというものが生まれたのです。


      こうした問題は法的手段で解決することが可能なので、素早く解決することが大事です。