お中元の意味や時期、最低限のマナー

お中元は中国発祥の文化であり、日本のお盆の時期に、日ごろからお世話になっている人や会社の上司などへ感謝を伝える意味で贈り物を贈る習慣です。お中元を贈る時期は日本各地によって異なるため、贈る相手が住んでいる地域をしっかり確認することが重要です。
特に、九州地方や沖縄は特殊なので注意が必要です。

お中元は一年の上半期の感謝と下半期の健康を祈る意味が込められていて、一方、年末に贈るお歳暮は一年間の感謝を伝えるため、お歳暮のほうが重視されることも多く、相場も高めです。

お中元とお歳暮は一般的にはセットとしてとらえられがちですが、必ずしも両方贈らなければいけないという決まりはありません。


予算が厳しいというのであれば、一年の感謝を伝えられるお歳暮を贈るとよいでしょう。両方贈る場合は、お歳暮のほうが2、3割高額になるよう選びます。

一つ上のお中元の優良サイトならこちらで見つかります。

お盆やお正月のように毎年やってくるの年中行事としてお中元やお歳暮を贈るため、長く付き合う相手かどうか、自分や相手の負担にならないかなど、いろんなことをじっくり考えて決める必要があります。


たった1度きりの感謝を伝えるものではありませんし、突然贈るのをやめるのもマナー違反となります。贈る側と受け取る側どちらかが喪中の場合でも、贈ることが可能ですが、のし紙に配慮したり相手の負担になるような時期を避けるのがマナーです。



贈り物を受け取った際は、なるべく早くお礼状を書くようにします。



品物でのお返しは、逆に相手に気を使わせてしまうため不要です。