夏こそ化粧品でのお肌のお手入れが大切

気温が高くなり暑くなる時期は頻繁に汗をかく機会も増えます。

汗をかいたお肌は湿り気をもっているので、乾燥とは無縁とつい誤解しがちなパターンも多く見受けられます。しかし実際には、汗でぬれたお肌は乾燥にまっしぐらです。この時期こそ化粧品でお肌のお手入れに力を入れなければなりません。外気の気温にさらされて汗をかいた肌は確かに湿り気のある状態ですが、室内にひとたび入るとエアコンなどの冷房器具により肌表面の水分はたやすく蒸発します。同じことは外の紫外線にも当てはまります。お肌の表面の水分は日差しからも影響をうけ蒸発します。このような状態がお肌の乾燥を助長させるのです。暑い季節になったからとむやみに化粧品をさっぱり系のものばかりにかえるのではなく、意識して保湿がしっかりできるものを手元にキープしておくことが大切です。

また化粧品による保湿をまったくしないなどは避けるようにします。一見潤っているようにみえる肌でも乾燥の原因となる要因はいたるところに潜んでいます。汗をかいた時にも拭き方のコツがあります。決して力任せにタオルでお顔を拭ってはいけません。一度タオルを濡らして絞ったタオルを使うようにします。そっとお肌に当て吸わせるようにすることをイメージして、汗を拭き取ります。汗を拭うタイミングは、汗がお肌から引く手前頃が最適です。何度も何度も汗がでるたびにお顔を拭うより、一回で終わらせるようにするほうがタオルの使用頻度も格段に減りお肌への余計な負担を与えません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *