敏感肌の人は無添加化粧品を使いましょう

無添加化粧品には、肌に負担を与えるものは含まれていないので、敏感肌やアレルギー肌の方でも安心して長期で使用することが出来ます。

もちろん添加物は何の意味もなく入っているわけではないので、たとえば香料の場合は良い気分にさせてくれたり、リラックス効果をもたらしてくれます。しかしそれが実際に肌の役に立つのかというと、そうではないので、元から入れる必要はないのです。ですから香料だけでなく、綺麗な色に見せるだけの着色料もいりませんし、クリームを滑らかにしたり、感触をやわらかにする合成界面活性剤も、入っていない方がお肌を健康に保てます。防腐剤や酸化剤としても使われる合成ポリマーのような化学物質も、肌の負担になるだけなので、化粧品を購入するときは、ラベルの成分表示をよく読んでから選ぶようにしてください。

防腐剤が入っていないと、商品の劣化も早いので、すぐに捨てなければならなくなると思う方もあるでしょうが、最近の無添加化粧品には、天然植物から作られた防腐成分が入っているので、心配することはありません。化学成分がたっぷり入った化粧品を使うより、天然成分で作られたものの方が安心して肌につけられますし、メーカーによっては、その成分のもとになる植物を、安全な無農薬や有機農法で作っているところもあります。そこまで丁寧な製法で作られた無添加化粧品なら、敏感肌にも優しく浸透しますから、店頭で見つけられなかったときは、通販から探すようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *